リーディング・テーブルって何?

 「リーディング・テーブル」とは、直近1・2ヵ月間に読んだ本について、気軽にトークし合うだけのものです。推し本ではないので、冊数制限はありませんし、プレゼンでもありません。お茶でも飲みながら、本についておしゃべりするだけなんです。
 やることはシンプルですが、狙いが幾つかあります。まず振り返ること自体が記憶を強化します。そして発表を前提に読むことで、読みの真剣さも増します。
 また概要を述べることにより、内容の整理化と言語化も期待できます。さらに他の人がどの様な本を読んできたのか、直に知る機会も提供してくれます。
(またそれら一連のものが読書歴アーカイブにもなる)
 さらに読んだ本について語ることは、溜まっていたものを吐き出す行為であり、一種、えも言われぬカタルシス的な爽快感を伴います。このスッキリ感が、次の読書への推進力にもなるのです。
 世の中には、素晴らしい本が沢山あります。何回でも申し上げたいぐらいですが、それこそ宇宙にきらめく星々の如く、面白い本が無数に存在しているのです。
 ですが悲しいかな、浅学非才の身では、そのほんの一部しか把握できない。せめて読んだ本の話だけでもと願っても、周囲には、その仲間すらいないのです。
 無い無い尽くしの極致、ここに極まれり・・・。
 彼女がいないのには我慢ができます(本当か?)。収入が少ないのにも我慢ができます(本当か?)しかしながら、読んだ本について語り合えないのには、もはや我慢がならないのであります(これは本当)。
 そこで少ない脳みそを絞り、ここに一計を案じました。他の読書好きの方々のお力も借りようと。互いに刺激を与えつつ、未だ知らない本も教えて貰えるコミュニティを作ろうと。
 
 ここで『マクベス』の魔女さながらに、あなたの耳元へささやきかけたい。なんの衒いもなく本について語り合いませんか?と。 興味関心のおもむくままに読んだ本。それについて報告し合いませんか?と。さらに未知なる本に出会うというセレンディピティを、実際に経験してみたくはありませんか?と。
 
 そしてその先には一体何があるというのでしょうか?『マクベス』では、主人公夫妻に悲劇的結末が襲って参りました。一方、読書好きの我々には、いかな結末が訪れるというのでしょうか?
 そうです。読みたい本がさらに増えてしまうというジレンマが、大きな口を開けて待ち構えているのです。このジレンマに悶え苦しむという喜びを皆さんと分かち合い、共に味わってみたいものであります。願わくは読んだ本を語りて読書人を戦慄せしめよ(なんちゃって)。
 名称に人文書を付けておりますが、小説やコミック、サイエンス関連にノンフィクション・ビジネス書・受験参考書など、それ以外のジャンルもOKです。あなた個人のためにも、そして他の参加メンバーのためにも、是非気軽にお越しください。私たちは諸手をあげて、本好きのあなたを歓迎いたします。「これまで出版されてきた数多の書物」という名の宇宙。この広大な宇宙を、共に手を携えて探検していこうではありませんか。
  最後に一言。    万国の読書好きよ、団結せよ!
​ようこそ
  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now