検索
  • 海の旧字体は母

「リーディング・テーブルの実際例」~その6~

進行      リーディング・テーブルでは初のコミック紹介になります!

タイトルは『 テロール教授の怪しい授業 』( 原作 : カルロ・ゼン

     画 : 石田点、講談社 )。


進行      時間がないので駆け足でいきます!

( 以下は早口で進行 )



Eさん    ありがとうございます。



進行      これは、「 テロ 」について学術的に研究している教授と、その怪しい

        ゼミに何となく入ってしまった生徒たちの物語なんです。

        高学歴者ほど、テロ組織に勧誘されやすいらしいんですね。

        まさに、この物語の生徒たちです。

そしてテロ組織の手口の解明から、効果的な広告・宣伝手法や心理的

        アプローチ。

        さらには、世論の動かし方など、大衆を扇動し巻き込んでいくにはどう

        したら良いのか。


        それを教授がゼミで、生徒たちに罠というか実体験をさせながら、解説

        していってるんですね。


        昔、「 電通 」は新入社員研修で、フランスなどの現代哲学の講義を受け

        けさせていたエピソードがあるんです。

        大衆にいかにアピールしていくのか 。

         これを、現代哲学を通じて学ばせていたと言われています。


        このコミックも、まさに、人文書とビジネス書ってつながってんじゃね?

        と言えるコミックなんです。以上です!



Bさん    『 完全教祖マニュアル 』( 架神恭介・辰巳一世、ちくま新書 )みたい。           



一同              うん、たしかに。



Eさん   お待たせしました。

       これなんかどうでしょう。

        『 思想地図 vol.4 ( 特集・想像力 ) 』( NHK出版 )です。


        東浩紀や宇野常寛とかが執筆してます。

        ゼロ年代のアニメとかゲームなどのサブカル作品を批評していく中で、

        文化的な想像力がどうなっているのかを分析している本なんです。


        たとえばアニメとかマンガの想像力というものが、90年代の『 新世紀

        エヴァンゲリオン 』あたりから衰退していってるんじゃないかっていう

        議論がなされてるんですね。


        と言うのは、アニメなどのサブカルチャーは、今の世の中に対して何らか

        の批評的な立場を取っていたわけなんです。

        それなのに、いつの間にやらサブカルが、資本主義的な論理に支配されて

        しまったんですね。


        消費者のニーズを満たすだけのものになってしまっているという。



Bさん      東浩紀の『 動物化するポストモダン オタクから見た日本社会 』

        ( 講談社現代新書 )でも論じられてる内容ですね。



Eさん      そうなんです。

「 動物化 」したままになっているという議論が、ここで展開されてるん

        です。


        この本は2009年に出版されたんですけれど、それから10年以上経過

        した今、その傾向が加速していってるんじゃないかなっては、思うところ

        ですね。


        どんどん「動物化」しているという・・・。


        言い方を変えれば、どんどん保守化しているということですね。



Aさん      同じことの繰り返しってわけですね。



Eさん      そうなんです。



Bさん      データベース消費というか、作品のもとになるデータベース自体は何も

        変わらないという・・・。



Eさん    はい。まさにそのとおりですね。

        「 異世界もの 」( なろう系 )なんかその典型じゃないですか。

        ひとたび「 異世界もの 」がヒットして売れれば、同じようなコンテンツ

        をひたすた配信し続けていく。

        そして、それが評価されていくという、その流れがずっと続くわけなん

        ですけど・・・。



一同              確かに・・・。



Eさん      そういうところに、「 動物化 」の象徴が見て取れるかなと思うんです

        ね。

         


        以上です。

        ありがとうございます。



一同              ありがとうございました!



進行      この「 動物化 」という視点で、いろいろなものを分析することができ

        ますよね。

        ただ、その視点だけに頼りすぎるのも、また「 動物化 」ではあるので

        すが・・・。



Aさん      動物、動物って言っているオマエが動物やん、みたいな ( 笑 ) 。



一同               大爆笑



Dさん      使いやすい概念ですからね~。



Aさん      格好いいですもんね、「 動物化 」って。

単純に。



進行      Eさん、ありがとうございました。


        皆さん、欲しい本がまた増えてしまったのではないでしょうか。

        Eさんはお時間が来るまで、視聴していって下さいね。


Eさん     そうさせて頂きます。


進行      で、順番でいうとBさんですね。

        お願い致します。



Bさん      何がおススメかな・・・。



進行      別におススメする必要はないんですよ (笑) 。

        読んだ本について思ったことをトークするだけですから。

        この「 リーディング・テーブル 」は。



Bさん      では、今度は「 SF 」なんですが、これはレイ・ブラッドベリの

        『 火星年代記 』( ハヤカワ文庫SF )という本です。



一同              オオッー!( 歓声が上がる )



Aさん      いいなぁ~! 

チョイスが素晴らしいなぁ!



Bさん      読んだらメッチャ大好きになっちゃったんです。


        ちなみに皆さんは、『 火星年代記 』を読まれたことはありますかね?



一同              ないですね。



Eさん      僕はありますよ~。



Bさん      そうなんですね!( とても嬉しそう )


        タイトルに年代記と付いているだけあって、火星を舞台にした

「 クロニクル( 年代記 )」なんですよね。


( 本を広げながら )こうやって、目次に年表があって。



Dさん    ( 現在を起点にすると )もう10年後に迫ってるじゃないですか!



Aさん     ホントだ!

あとわずかだ。



一同       ( 大笑い )



Bさん      これ、ジャンルは「 SF 」なんですけど、すごく詩情に満ちていて、

        しかも小話としても面白いんです。


        まぁ、あの・・・おっ「 推し 」です。



一同              「 推し 」になった!( 笑 )。



Eさん      僕も「 SF 」好きっすよ。



Bさん     「 SF 」でお好きな作家はいますか?



Eさん      ウィリアム・ギブスンですね。



Bさん     『 ニューロマンサー 』のギブスンですね。



一同             ( 感嘆の声 )



Eさん      日本だったら、神林長平と伊藤計劃ですね。



Bさん      神林長平はまだ読んだことないんです。



Eさん      彼の作品だと、こんなのがあるんです。

       『 いま集合的無意識を 』( ハヤカワ文庫 )。

これは短編集です。面白いですよ。



Bさん     (興味津々の様子で)ちなみに、これ・・・、タイトルは中身にどれ

        らい関連があるんでか?

        どうしても気になっちゃうタイトルで・・・。



一同             ( Bさんが喰い付いた! )大爆笑



Aさん      面白い質問だ~!


Eさん      このタイトルの短編が最後に入ってまして、その内容が面白いんです。

        SF作家の伊藤計劃が亡くなって10年後に、インターネット上で、そ         の伊藤計劃を名乗る人からメッセージが来るとういう。

        そういうストーリーなんですね。


        で、ネタバレすると、伊藤計劃を名乗ってるのが、ネット上の

「 集合知 」だという話しなんです。



一同              なるほど、なるほど。



Eさん      伊藤計劃の『 ハーモニー 』( ハヤカワ文庫など )を読んだことあり

        ますか?



一同               ないです。



Bさん      僕は読んだことあります。



Eさん      ネタバレしても大丈夫ですか?

どうしよう・・・。



一同               大丈夫、大丈夫 ( 笑 )。



Eさん      簡単にまとめると、人類が全て、「 集合知 」になるというストーリー

        なんです。

        そして、その状態を「 ハーモニー 」って呼んでるんです。


        それで、おそらくですが、先ほどの『 集合的無意識を 』という短編。

        この物語の中で、語り手にメッセージを送ってきたのは、ハーモニー化

        された人類の集合知なんだと。


        伊藤計劃の『 ハーモニー 』という作品への、神林長平からの回答が、

        『 いま集合的無意識を 』なんじゃないかなと思うんです。

        (注・伊藤計劃は2009年に逝去)



進行      BさんもEさんも、SF好きでもあったんですね。

        お二人とも、ありがとうございました!



一同               ありがとうございました~。



進行      そろそろEさんの次のスケジュールが迫っているのですが、ここで、

        皆さんにお願いがあるんです。


        それは「 リーディング・テーブル 」で紹介して頂いた本の画像データ

        を、後ほど送信して欲しいんです。


        まず必要なのが、紹介した本全てを棚刺しのようにまとめた画像。

        それをサイトの方へフォトギャラリーとしてアップします。

        それが皆さんの読書アーカイブにもなるんです。


        それから余裕があれば、個々の本の表紙を写したものもあれば、なお

        良いと思います。


        ご協力のほど、宜しくお願い致します。



Eさん      どこに送ればいいですかね。



進行      サークル名である「 人文書リーディング・テーブル 」。

        または、方式名である「 リーディング・テーブル 」で検索して頂けれ

        ば、サイトが見つかるはずです。


        そこに、連絡先としてのEメールアドレスが掲載されてるんです。

        そちらから送信して貰えれば。

        見つからないときは、TwitterのDMでも大丈夫ですよ。



Eさん      承知しました。



進行      この「 リーディング・テーブル 」は、読んだ本を手元に用意する以外

        は、基本的に、事前準備は不要なんです。


        一方、事後的なものとしては、画像送信だけが必要なんです。

        唯一のものですけれど。



Eさん      了解です。探してみます。



進行      Eさん、本日はお忙しい中、ありがとうございました!


        この「 リーディング・テーブル 」はこれからも毎月開催していく予定         です。

        お待ちしておりますから。

        

ホント楽しかったです。

        是非是非、またお越しくださいね!



Eさん      ありがとうございました。失礼いたします。



一同        ありがとうございました!( 拍手 )




(次の予定のため、RAさんがオンラインから退出される)



進行      ここで一旦、5分ほど休憩をはさみましょう。

        トイレに行きたいというチャットが入りました。

        あっ!、チャットだから読み上げちゃマズイか・・・。


一同            ( 大笑い )



進行      いや~、ごめんなさい。

        それでは休憩に入りましょう。


一同      分かりました~( 数名が中座へ )。




   「その7」へ続く 


27回の閲覧

最新記事

すべて表示

「リーディング・テーブルの実際例」~最終回~

Aさん   すみません。 ちょっとだけいいですか? 進行      どうぞ、どうぞ。 Aさん      興味あるか分からないんですが、「 インテグラル理論 」についてご存知 の方はいらっしゃいます? 進行      詳しい人はいないと思いますね~。 自分も概要だけしか知らないので。 Aさん      この「 インテグラル理論 」は昔からあるんですけど、最近、流行って きてる

「リーディング・テーブルの実際例」~その11~

Dさん     「 奥池袋読書会 」の方は課題本型ですよね。 選書する際、課題本をどれくらい読んでるのかな?と思ってて。 進行       今のところ、全て読み切った本を課題本にしてますね。 選書の基準は、「 奥池袋読書会 」の方向性。 これを探っていくための課題本になってます。 しばらくしたら、選書基準を複数にしていくつもりですが。 Dさん      そうですよね~。それなりに読んでからですよ

「リーディング・テーブルの実際例」~その10~

進行      他に何か質問や言い忘れていたことなどは、ありませんか? ( ここで、BさんとDさんが同時に挙手をする) Dさん      Bさんから、どうぞ~( 笑 )。 Bさん      あっ、ありがとうございます ( 笑 )。 Aさんが先ほど言及されていた山口昌男の本って、何ですか? Aさん      あっ、これですね。『 病の宇宙史 』(人間と歴史社)。 進行      病気をテーマにした本

  • Twitterの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now