検索
  • やっか

「奥池袋ドイツゲーム部」開催レポート

当読書会の分科会の一つである「奥池袋ドイツゲーム部」。

こちらは、アナログゲームをプレイする会になります。

読書会の記録のように、開催レポートを記録していく予定はないのですが、

どんな雰囲気なのかを覗きに、広報担当やっかが取材してきました。

本日プレイしたゲームドミニオン」。


これは、領土拡大を最終ゴールとするゲームです。

まずプレイ開始時に銅貨カードなど、効果の弱い数枚だけが配布。

プレイヤーは、これらのカードを運用し、スキルや役職などの様々なカードを購入。

最終的に、領土カードの合計点を競うゲームです。

それのどこが楽しいの?と思いますよね。

ルールは非常にシンプル。

ですが、購入できる様々なカードたちを駆使することで、

多種多様なプレイスタイルが可能なんですよ。


他プレイヤーの手札を減らしたり、不要なカードを押しつけたり。

時には実行コンボを何重にも炸裂させ、大量の領土カードのゲットしたり。


このゲームをプレイしていると、

「この人はお金を貯め込んでから領土買いに行こうとしているな」。

「博打的な戦略立てる人なんだな!」。

「仮想通貨重視の人なのね〜」

「人の足を引っ張るのがホント好きだよね・・・」

などなど、その人の価値観がまるわかりな戦法が見えてきます(笑)。

総じて言えるのは、頭脳を駆使し、

自分の領土拡大を目指すめちゃくちゃ面白いゲームです!

私が主催と仲良くなったきっかけは、このゲームでした。

約10年ぶりにプレイしたのですが、すんなり始められるほどのシンプルさ。

まさしく「誰でも楽しめる」という、

奥池袋ドイツゲーム部のやりたいことを体現したアナログゲームと言えます

ドミニオンには世界選手権まであるんだよ〜

このドイツゲーム部。

今後も定期的に開催していくようです。

興味のある方はぜひ、問い合わせフォームからご連絡をお願い致します。

(執筆・やっか)


注)新型コロナ感染拡大に鑑み、現在、ドイツゲーム部の活動は休止中です。

  ワクチン接種が進み、ある程度の集団免疫を獲得できたと専門家が評価できる段階。

  その時期が来ましたら、活動を復活させる予定です。

  また皆でワイワイおしゃべりしながら、ドイツゲームを楽しめる日が来ることを信じて        

  おります!

5回の閲覧0件のコメント