シンプル抜書きノート「新しい個人主義の予兆」山崎正和

【前提】

 前産業化時代→人間は「誰でもないひと(ノーボディー)」、

 産業化時代→人間は「誰でもよいひと(エニボディー)」

 と変遷してきたことを述べた上で、

 山崎正和は次のように述べている。



【抜書き】

 いまやおおくのひとびとが自分を「誰かであるひと(サムボディー)」として主張し、

 それがまた現実に応えられる場所を備えた社会が生まれつつある、といえる。

 

 これまでの日本社会では、

 そういう場所は家庭と企業内の小集団のなかにあって、

 そこでは、ひとびとは家族や同僚や上司から

 個人的な気配りを受けることができた。(中略)

 

 しかし、確実なことは、

 今後、それらがそういう場所として唯一のものではありえなくなり、

 ひとびとは「誰かであるひと」として生きるために、

 広い社会のもっと多元的な場所を求め始めるということであろう。


 それは、しばしば文化サーヴィスが商品として売買される場所でもあろうし、

 また、個人が相互にサーヴィスを提供しあう、

 一種のサロンやヴォランティア活動の集団でもあるだろう。

 当然ながら、多数の人間がなま身のサーヴィスを求めるとすれば、

 その提供者もまた多数が必要とされることになる(句点なし)




【一言】

・現代の「オンラインサロン」の盛況を予言したかのような山崎正和の慧眼、

 まさに恐るべし。


・「読書会の普及」へのヒントになっているのではないか。






閲覧数:4回0件のコメント