告知文『中動態の世界 意思と責任の考古学』(國分功一郎、医学書院)

​奥池袋読書会

2022年08月14日(日)14:00〜

​オンラインにて無料開催

​〈課題本〉

​ 中動態の世界 

​ 意志と責任の考古学

​ 國分功一郎、医学書院

私はネコの奴隷なんです・・・。 のっけから、すみません。 うちにはネコが4匹おり、 自分は飼い主の立場です。 でも、奴隷なんですよ。 どういうことかと言うと、例えばトイレ。 ちゃんとキレイにしていないと、 ヤツラは布団にオシッコするんです。 もちろんキレイにしていれば、 ちゃんとトイレにオシッコしてくれるのですが。 なので飼い主である自分は、 どんなに忙しくても、 どんなに体調が悪くても、 たとえ食事中でも、 ネコ用トイレをキレイにして おかなくてはならないんです。 ところで、 このケースにおける私めの行為って、 自分からすすんで やっているわけではありません。 仕方なくやっているんです。 (ネコたちがトイレ使用を拒絶し、  布団にオシッコしちゃうから) 一方では、 だからといって、 ネコが私に強制しているわけでもありません。 例えば、私の身体をネコたちが押さえつけて便所掃除させたり、 「シャーッ!」と大声で威嚇してくるわけでもありません。 カワイイつぶらな瞳で、「ウンニャン?」と鳴きながら、 顔をスリスリしてくるだけです。 つまり、「ネコのトイレ掃除」という行為は、 「するとさせる」という能動と受動の視点では 上手く説明しきれないのです。 (権力論としては説明できそうなので、 私めがネコの奴隷であることには変わりないのですが) というわけで、 下記のような関心を抱いている方がいらっしゃれば、 ぜひ、この読書会に遊びに来てください。 新しい発見があるはず! ・そもそも「中動態」って何? ・なぜだか分からないけれど、生きづらさを感じる ・物事を眺める際の、新しい視点が欲しい ・計画を立てても、意思が弱くて継続できないの ・家に帰ると自堕落な生活になっちゃう ・もっと自分らしくいきたいの ・当事者研究にちょっとだけ興味がある ・現代の「自己責任社会」に疲れちゃった ・「コスパ」や「タイパ」が良くないと満足できない  などなど。 そして、みんなで 「自由」や「教養」について 普段思っていることも ​しゃべりし合いましょう! なお、本書の一部内容をスライド解説する予定です。 未読だった方や読了できなかった方にも、 少しでも楽しでもらえる読書会を目指しております。 ​気軽に来てくださいね、。



閲覧数:2回0件のコメント