告知文『独学大全〜』読書会(最終回)

今回の範囲は「第4部 独学の「土台」を作ろう」。

内容は、これまで紹介された技法を例示しつつ、

「あらゆるものを学ぶ土台になる力」として、

国語・外国語・数学がとりあげら

れている。


なぜ、この3つなのか。

その理由は本書によれば、「これから独学を広げていくにあたって、基礎となり前提」(P666)となるものだからだ。


さらに著者はこれら3つを、「書き言葉」​として捉えている。

そして「書き言葉」について、次のように述べている。


「書き言葉は、時間と労力を費やして学ぶべきものであり、また学ぶ価値のあるものである。とりわけ独学者にとっては、リターンの大きい学習投資となるだろう。」


「独学を進めるためには、どうしても書き言葉を扱うスキルが要る。それも高ければ高いほど、アクセスできる学習資源は拡大し、活用できる学習スキルの幅と質は改善され」云々と。

(ともにP671より)


『独学大全〜』(注1)で紹介された55の技法を振り返ってみると、ある一つのことに気づく。

それは意思や継続に関するもの以外は、認知能力一般。

特に「書き言葉を扱う諸スキル」に関連しているということを。


資料を集め、その理解・読解に努める。

次にそれらを要約・整理し、各技法に応じて書き出していく。

そして記憶マネジメントも図りつつ、

次なる問題意識とその解決を図るべく、

以上のプロセスをグルグル再循環させていくことになる。

(個人的には要約能力が意外に求められているかなと)


するとどうだろう。

今度はそれら全てが、新たなるステージへ跳躍していくための

土台であり、足場になっていく。

言い換えれば、アウトプットへの契機となる諸プロセス。

例えば、発想・連想・想起・構想などといった

「偶然と必然が織りなすあや」ともいうべき

思いつきやアイデア・企画等のベースになっていくのだ。

(無から有は産み出されないの・・・)


この一連の全プロセスに、

「書き言葉を扱う諸スキル」が大なり小なり関係していると

言えよう。


つまり、理解・記憶・選択・推論などの認知能力一般と

「書き言葉=言語操作能力」は密接不可分の関係がある

ということである。


考えてみれば(このこと自体が再帰的なのだが)、

思考のどの瞬間にも、言語が無関係でないことが自覚される。

頭の中のモヤモヤがうまく言語化できなかったとしても・・・、

である。


​だからこそ、認知能力のベースとなる言語操作能力に

ダイレクトに関わってくる科目として、

「国語」・「外国語」・「数学」にスポットライトがあたっていると言えるのではないか。


ここで他の本からの引用になってしまうが、

参考になる一節があるので紹介してみたい。


異なった言語を知ることは、

異なった世界の見え方を会得することである。」


言語習得による新たな認知能力の獲得は、

別に外国語に限らない。

初等教育で身につけるものと高等教育で接するものとは、

別の言語体系といえるほど異なっている。

高等教育のメリットの大部分は、おそらくはそこに由来しており、個々の学科での新知識獲得ではないのだろう。

(以上『銀河の片隅で科学夜話 物理学者が語る、すばらしく不思議で美しいこの世界の小さな驚異』全卓樹、朝日出版社、ともにP129より)


さて、今回の読書会で『独学大全』全体を通読したことになる。

記憶のマネジメントのために、全体のおさらいもしてみたい。

さらに、「会読形式による英語読解の勉強会」

立ち上げられないかも参加者同士で相談してみたい。(注2)


(仲間がいた方が挫折しにくいんです。

さらに、この『独学大全』読書会も

仲間がいたからちゃんと告知文を打てました。

みんなに本当に感謝しています)


興味のある方は、ぜひ気軽に遊びに来てくださいね。

見学だけの参加・ハンドルネームでの参加も可能ですし。

(もはや「である」調でなくなっちゃったね)


最後になりますが、

私たちの「独学の旅」はまだ始まったばかり。

みなで英語・国語・数学の基礎を固め、

さらに奥の扉をともに開けていきませんか。


​合言葉は、

「一緒に奥に行こう!

 励まし合って、奥にいけ!!」


(注1)略称で本当にごめんなさい

(注2)いずれは数学(高校履修範囲)の勉強会も





閲覧数:6回0件のコメント