蒐書報告〜『人文学のレッスン 文学・芸術・歴史』(小森謙一郎、戸塚学、北村紗衣 編、水声社)

近所の新栄堂書店にて購入。


【目次】


はじめに


第一部 言葉を読む

 1言葉の形を読むー横光利一『蠅』の形式と文体             戸塚  学

 2日記と小説ームジール「トンカ」にみる文字の射程           桂  元嗣

 3ジャポニズムへの情熱ーゴンクールの『日記』に記された美術革命    福田 美雪

 4ラフカディオ・ハーンのアメリカにおける受容

  ー新聞記事でたどる「読み」の系譜              リンジー・モリソン


第二部 芸術の現場

 5もしも私が女ならーシェイクスピア劇と舞台芸術の異性装        北村 紗衣

 6女性史美術館へようこそー展示という語りと語り直し          小森 真樹

 7日本のアマチュア演劇の多様な世界                  片山 幹生

 8舞台上のシンデレラーロッシーニ、バブェージ、イズアール       嶋内 博愛


第三部 描かれる歴史 

 9その変化をもたらす知はだれのものか

  ー中世の「日本図」と文学資料をあわせ読む              高橋 一樹

10人類の至宝?ー中国ムスリムの「ハン・キターブ」            黒岩  高

11子供たちが記憶する第一次世界大戦ー北フランスの占領とその後      舘  葉月

12歴史と記憶違いーフロイトの場合                   小森謙一郎


おわりに


(以 上)




閲覧数:3回0件のコメント