• O・S

藤田宏先生の巻頭言を読んで【大学への数学2022年4月号】

更新日:4月1日

昨年に続き、今年も大数4月号の巻頭言は

東京大学名誉教授・藤田宏先生が書かれました。


テーマは「自主ゼミのすすめ」。


自主ゼミを継続できる学部生は稀です。

それを高校生、予備校生に紹介するあたり大数らしいですね。


“輪講では「考えての理解を メンバーの協力で積み上げて行く」のである”

このことばは読書会のヒントにもなると感じました。


そして、本稿内で 難関大志望の受験生に勧める自主ゼミのテキストとして

研文書院発行『大学への数学』シリーズ

が登場します!


今後の大数近刊号で、

なぜこの本を難関大志望の学生に勧めるのか にも触れられるらしいです!!


4月号には どの課程の版がテキストに最適か が書かれています。

気になる方はぜひ書店で手に取ってみて下さい!!


奥いけ大人の学び直し倶楽部・企画メンバー O.S.より





閲覧数:5回0件のコメント